浜松基地のブルーインパルス墜落事故とは?原因と場所、事故現場の現在をまとめました。

ブルーインパルスは素晴らしい演技で私たちを魅了してくれます。

ただパイロットたちは常に危険と隣り合わせです。

安全を第一に考えていても、事故を100%防ぐことは出来ません。

今回は1982年に浜松基地で起こったブルーインパルス墜落事故について。ブルーインパルスの展示飛行中に起きた唯一の事故です。

墜落事故の原因と場所・事故現場の現在をまとめました。

目次

浜松基地航空祭のブルーインパルス墜落事故(1982年)

1982年11月14日、静岡県浜松市にある浜松基地で航空祭が開催されました。

午後1時からブルーインパルスの飛行展示がスタート、15番目の課目「下向き空中開花」を行っていた時です。

画像出典:saiの趣味な写真館

下向き空中開花」の画像です。

一機のだけ突き抜けて下方へ飛行しています。この機体が事故を起こした4番機。

高度を下げすぎ浮上できず、このまま地面へ墜落してしまいました。

画像出典:お役立ち!季節の耳寄り情報局

墜落時の画像です。

基地から500メートル北にあるホンダエクスプレスの敷地内に墜落。
住宅や工場が炎上しました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 当時4~5歳、祖父母に連れられて会場にいました。飛行機が落ちたと大勢の人が逆方向に走ってきて、訳もわからず逃げた記憶があります。こういう事故だったんですね。亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。

コメントする

目次