【航空祭の持ち物&服装】これで完璧!楽しむための便利グッズ、注意点まとめ!

 

航空祭は航空自衛隊が全国にある基地で開催するビッグイベント!
来客数は何万人の世界。それはそれは多くの人で賑わっています。

今回の記事では
●航空祭のおすすめ持ち物&服装
●航空祭をより楽しむため持ち物
●航空祭で持ち込み禁止のもの

知らないと5倍疲れる、知っておけば100倍航空祭が楽しめる!?

航空祭ビギナーに捧げる、素晴らしい「持ち物&服装リスト」です。

航空祭の持ち物リスト&便利グッズ

航空祭持ち物リストです。

基本編(必需品)
便利編(なくてもいいけど、あると快適)
上級者編(より航空祭を楽しむために)

と、3つに分けてご紹介します。

持ち物リスト基本編(必ず持っていきましょう)

●バッグ

バッグは両手の空くタイプがおすすめ。
リュックやショルダーなど、良いですね。

グッズを多く買おうと思っているなら、エコバッグがあるとなおよし。

●現金

売店は、ほとんどが現金払いです。
グッズ・食べ物はお値段がやや高め。意外に使います。

●携帯電話(スマホ)

非常時の連絡に、ちょっとした情報収集に必要です。
Twitterでリアルタイムに情報提供してくれる基地もありますよ。

●日焼け止めグッズ

基地は日差しを遮るものが、ほぼありません。
アスファルトの照り返しもかなりキツイ(特に夏)

10月~11月も、晴れたら対策はしておいたほうが良いですね。

日焼け止めクリーム・サングラス・アームカバーなど
自分が守りたいとこに合わせて。

●タオル(ハンカチ)

汗を拭くのに、雨に濡れた時に、日差しから肌を守るのに必要なアイテムです。

●飲み物・食べ物

売店で売ってるのですが、混んでることが多いです。
500mlのペットボトルを1~2本くらい用意しておくと安心。

トイレも混むので、出来たらコーヒなどのカフェインは避けたいですね。

「航空機をずっと見たい」「売店で並ぶのが嫌」という人は、食べ物も用意しておきましょう。

●雨具(カッパ)

両手があく、ポンチョタイプがおすすめ。
傘は大勢がいる場では危ないですし、他の方の視界を遮ってしまいます。

●防寒着・カイロ

秋から冬にかけての航空祭では必須です。

基地は遮るものがなく、吹きさらしです。風が寒く、天候によっては底冷えします。

持ち運び便利なウルトラライトダウン、ウインドブレーカーがおすすめ。

●小さいクッション・敷物

航空機やブルーインパルスの飛行を待つ時、アスファルトに座ることがあります。
そのまま座るとお尻が痛いので、ちょっとしたクッションがあると便利です。

※レジャーシート、折りたたみ椅子を禁止する基地が増えてきました。
理由
・折りたたみ椅子・脚立は、後方にいる人の視界を必要以上に遮ってしまうため。
・レジャーシートで必要以上に場所取りをする人がいるため。

その点小さいクッションは
誰にも迷惑をかけず快適に座ることが出来ますよ。

持ち物リスト便利編(なくてもいいけど、あると快適になる)

●クリアファイル

基地ではパンフレットなど、紙類の資料をもらうことがあります。
クリアファイルがあるとキレイに保存ができます。

●耳栓

戦闘機の音は想像以上に大きいです。
お子様や大きい音が苦手な方は、あると安心です。

●ストール

日差しから身を守ったり、寒さから身を守る事もできる万能アイテム。
しかもオシャレ!

●ウエットティッシュ

売店などで食べ物(焼きそば・お好み焼き・ホットドッグなど)を買って食べると
手がベタベタしますよね。

お手拭きはお店で配られません。ウエットティッシュがあると便利。

●ビニール袋

ゴミ袋として
ゴミを持ち帰るようにし、ゴミ袋を設置しない基地もあります。
ゴミ箱難民にならないためにもあると便利。

濡れたものを入れることも
汗を拭いたタオル
雨で濡れた服や雨具など

持ち物リスト 上級者編(より航空祭を楽しむために)

●カメラ

スマホでも比較的キレイに撮れますが、ちょっと物足りないんですよね。
専用のカメラが1つあると撮影がかなり楽しくなります。

●双眼鏡

遠くの航空機を見る時に、シリアルナンバーを見たい時に。

 

●航空無線機(エアバンド)&イヤホン

これを聞くと航空機鑑賞が10倍楽しくなるアイテム。

ブルーインパルスの行われる課目、どの方向から進入してくるかなど、情報が入ってきます。
撮影がしやすくなりますし、何より臨場感があって楽しい。
※基地によっては持ち込み禁止。要確認です。

よくおすすめされているエアーバンドです。

 

イヤホンも忘れずに!(エアバンドはイヤホン別売り)

●本(ガイドブック)

地上に展示されている航空機を見ても
「へー」で終わってしまいそうですが、それを「なるほどー!」に変えるアイテム。

A4サイズの本。軽め。航空機について比較的細かく説明してある。

航空祭でおすすめ服装

イメージとしては「ちょっとしたアウトドア」

本格的な装備はいりませんが、動きやすい、歩きやすい服装がおすすめです。

●帽子

日差しから身を守るのに、合ったほうが良いアイテム。
夏は是非使用したいですね。

せっかくならブルーインパルス仕様はいかがでしょう?

●上半身に着るもの

Tシャツや、ロングTシャツの上に、何か羽織るものがあれば十分。
あとは季節と天気に合わせて。

●下半身に履くもの

普段着で良いのですが、歩きやすいものがおすすめ。

●靴

基地はとても広いです。長時間並んだり、歩くことになります。

歩き慣れた靴(スニーカーなど)
長時間歩いても足に負荷がかからないものが、とてもおすすめです。

航空祭をより楽しむための準備

事前準備で、より航空祭を楽しみましょう。

●天気予報チェック

天気によって持っていく荷物は変わります。
チェックして、余分な荷物は無いようにしたいですね。

●予習する

これは時間があればですが
事前に航空機の事、基地のことを勉強しておくとより楽しめます。

航空自衛隊に配備された航空機、部隊・組織など空自について色々学べます。
航空機解説が比較的丁寧。

 

2014年発行と、ちょっと古めですが
ブルーインパルスの基本がわかりやすく学べる入門書。

 

J-Wingsの6月号は毎年ブルーインパルス特集です。

DVDでブルーインパルスの予習はいかが?
【ブルーインパルスグッズ】おすすめDVD5選!航空祭が10倍楽しめる~

航空祭に持ち込み禁止のモノなど注意点

航空祭では入場時に、持ち物検査(身体・手荷物)があります

持ち込み禁止のもの
・脚立・三脚・踏み台
・ドローンなど
・インラインスケート・スケートボード等
・アルコール類(ビン・缶)
・危険物(刃物類・引火性物質など)
・乗り物(車椅子・ベビーカーを除く)

禁止行為について
・椅子・レジャーシート類の使用・場所取り
・指定された場所以外での、喫煙
・他の来場者の迷惑となる行為
・ドローンの使用禁止
・ペットを連れての入場(盲導犬をのぞく)

※基地によって違うこともあるので、事前に確認されることをオススメします。

まとめ

航空祭の持ち物や服装、楽しむための便利グッズ、注意点をまとめました。

暑さ寒さ対策は絶対に必要なので、その点だけはご注意ください。

ただ、備えすぎて大荷物にならないようにしたいものです。

皆さんの航空祭が楽しいものになりますように!

 

関連記事

【2019年版】ブルーインパルス展示飛行スケジュールまとめ!(9月~12月) 航空祭の楽しみ方決定版!見どころは何?イベント内容を徹底解説! 航空祭のお土産は何がいい?おすすめグッズ&お菓子10個まとめてご紹介!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です