【ブルーインパルス】機体は何?歴代機体・速さ・特徴をご紹介!

 

航空祭や各地のイベントで、展示飛行を見せてくれるブルーインパルス

「飛んでる飛行機ってなんていう名前なの?」

「戦闘機なの?」「速さや特徴は何?」などなど・・・

見てるといろいろ疑問が湧いてきますよね?

今回はブルーインパルスの機体・歴代機体についてご紹介します。

 

【2020年版】航空自衛隊イベントスケジュール!航空祭・記念行事まとめ。 ブルーインパルス・パイロット紹介2020年版!TACネームや人気&イケメン隊員も!

ブルーインパルスの機体は何?

空の上をスイスイと飛び回るブルーインパルス。

ブルーとホワイトのカラーリングが美しい、あの機体はなんでしょう?

実は・・・

 


画像出典:航空自衛隊ホームページ

こちらの「T-4(ティーフォー)」と呼ばれる練習機です。

T-4のTは、「トレーニング(Training)のT」なんですね!

「T-4」「T-4練習機」と呼ばれており、戦闘機ではありません。

戦闘機パイロットになる人が使用する練習機です。

見た目がイルカみたいなので、通称「ドルフィン」とも呼ばれています。

 

でも、ブルーインパルスの機体とは色が違いますよね???

実はT-4をアクロ仕様にしたものが、ブルーインパルスとなります。

(※アクロ仕様・・・アクロバットな飛行ができるよう改良されたもの)

ブルーインパルスの機体はT-4!速さや特徴は?


画像出典:航空自衛隊ホームページ

こちらが見慣れたブルーインパルス仕様のT-4。

まずはスペックのご紹介。

乗員 2人
全幅 9.9m
全長 13.0m
全高 4.6m
最大速度 マッハ約0.9
航続距離 約1,300km

マッハ0.9は、時速に直すと1100Km/時。

1時間で東京から博多まで移動できる速さです。

戦闘機パイロットを育てる練習機ですから、やっぱり速いですね~

「素直な操作性と高い安定性」が特徴。

優秀な練習機と言えます。

バイクで有名な川崎重工によって作られました。

1981年(昭和56年)に開発がスタート。

1988年(昭和63年)に防衛省の使用承認を受ける。

1995年(平成7年)に「3代目ブルーインパルス」として採用されました。

 

アクロ仕様のT-4は何が違う?

「ノーマルT-4」と「ブルーインパルスT-4」は何が違うのか??

①機体の色


画像出典:航空自衛隊ホームページ

デザインは、募集して決めました。

初代ブルーインパルスの機体「F-86セイバー」のカラーリングが基になっています。

 

②スモーク装置を装着

ブルーインパルスと言えば、スモーク(白い煙)!!


画像出典:航空自衛隊ホームページ

このスモークが出せるように改修されています。


画像出典:CLUB Y’s blog Ver.4.52

機体右側のエンジン排気口のアップです。

オレンジの丸で囲ってあるノズルから「スピンドルオイル」を出し

エンジンの排気熱で気化し、白い煙を発生させています。

【ブルーインパルス】白煙(スモーク)の正体は何?飛行機雲との違いを解説!

 

③ラダー(方向舵)


画像出典:ブルーインパルスファンネット

垂直尾翼に付けられている方向舵を「ラダー」と言います。

ラダーを左右に動かすことで、進行方向を変更することが出来ます。

通常のT-4は、高速飛行時(240ノット)に、5度までですが

ブルーインパルス仕様のT-4は、10度まで動かせます。
(低速時だと15度まで可能)

展示飛行で十分な動きができるようになっているんですね。

 

④風防強化


画像出典:航空自衛隊ホームページ

バードストライク(鳥衝突)対策として

コックピットのガラスを強化。4層構造です。

また、主翼の全面が強化されています。

低高度を高速で飛行するブルーインパルスは

バードストライクの可能性が高いです。

 

などなど・・・

機体性能は変わりませんが

アクロ仕様にするために様々な改修がなされています。

 

では次に、歴代ブルーインパルスの機体を見ていきましょう。

初代ブルーインパルス F-86セイバー

発足した1960年~1981年まで運用されました。

初代の機体は、F-86セイバー(F-86F)です。通称ハチロク。

F-86のFは戦闘(Fighting)のFですな。

アメリカから供与された戦闘機です。ノースアメリカン社製。

乗員 1名
全幅 11.3m
全長 11.4m
全高 4.5m
最高速度 570ノット(1055km/時)
航続距離 2,454km

さすがは戦闘機。

小型ですが、スペックが高いですね。

 

有名なのは、1964年の東京オリンピックの開会式。


画像出典:毎日新聞

東京の上空に、きれいな五輪マークを描き話題になりました。

ハチロク時代のブルーインパルスは5機でした。

 

第2代目 ブルーインパルス T-2


画像出典:プラッツ

こちらが第2代ブルーインパルスのT-2(ティーツー)」です。

1982年7月~1996年12月まで運用。

国産の練習機で、メーカーは三菱重工業。
(ゼロ戦を作った会社ですね!)

カラーリングは一般公募で、都立高校の女子高生4人組の案が採用され話題に!

乗員 2名
全幅 7.88 m
全長 17.85 m
全高 4.45 m 
最大速度 マッハ1.6(1958.4 km/時)

超音速練習機と言われるように、歴代の機体で1番速いです。

そのため課目と課目の間に時間がかかる可能性が指摘され

改善策として、ブルーインパルスを6機で運用することになりました。

 


画像出典: pds.exblog.jp

離陸時の画像。

エンジンの排気口付近から火が出ていますよね?

「トーチング」と言われるもので、コレがファンにはたまらない!!

T-2ならではの特徴です。

 

T-2時代のブルーインパルスは事故が多く

ブルーインパルスにとってもファンにとっても辛い時期でした。

【ブルーインパルス】浜松基地の墜落事故とは?原因や殉職者・被害者数をまとめました。 【ブルーインパルス】過去の墜落事故・殉職(死亡)者数や震災についてまとめました。

 

ブルーインパルスの事を詳しく知りたいなら・・・

2015年発行とちょっと古め。
ブルーインパルの事を全体的に一通り知りたい人向け。


ブルーインパルス パーフェクト・ガイドブック (イカロス・ムック)

 

こちらは2014年発行。
メンバーの選抜方法、機体や飛行テクニックなど丁寧に解説してあります。

 

DVDではブルーインパルスの舞台裏(ドラマ)を知ることもできます。
感動が3倍になること請け合い。

【ブルーインパルスグッズ】おすすめDVD5選!航空祭が10倍楽しめる~

まとめ

ブルーインパルスの歴代機体と速さ・特徴をまとめました。

特徴を理解してブルーインパルスの機体を見ると、違った楽しみ方ができますね?

F-86やT-2は退役しているのですが

現在は、浜松エアパークなどで機体を見ることが出来ますよ。
※画像は航空自衛隊ホームページ (https://www.mod.go.jp/asdf/index.html)より引用しました。

 

【2020年版】航空自衛隊イベントスケジュール!航空祭・記念行事まとめ。 航空祭で買いたい!ブルーインパルスおすすめグッズ10選!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です