【築城基地航空祭2019】体験記!プログラム内容や混雑具合をブログで報告!

 

2019年12月8日(日)に築城基地航空祭2019が開催されました。

天候は、曇のち晴れ。

やや遠方に住んでいる私は、宿をとり、航空祭を楽しみましたよ。

気になるプログラム内容や混雑ぶりをこのブログで紹介します。

築城基地航空祭2019の概要

開催日程 2019年12月8日(日)
開催時間 8:00~15:00
開門予定時刻 6:30

会場 築城基地(福岡県築上郡築上町大字西八田)
来場者数 約6万人

築城基地航空祭2019に備え、宿を探す。

我が家から日帰りで築城基地航空祭に行くことは不可能。

ということで宿を探すことに。

航空祭の混雑の影響を少なくするために、基地に近い宿が良い。

ということで「築城駅」からたった3駅「行橋駅」周辺のホテルを探す。
※築城基地は築城駅から徒歩7分の立地

築城基地航空祭は12月8日。

私が宿を探したのは9月20日。

そんなに遅い予約では無いと思うのですが、行橋駅周辺のホテルは満室。

 

ということで「築城駅」から6駅離れた「中津駅」周辺のホテルを探す。

なんと中津駅から徒歩1分の東横インを予約出来ました!

ココです→東横イン大分中津駅前

駅に近くて、清潔で、安くて、いい感じのホテルでした。

おすすめですよ!

やっぱり中津は唐揚げが美味しかったです。

築城基地航空祭へ出発時の様子

朝の冷え込みが恐ろしかったのですが、気温は6℃ぐらい。

息も白くなく、それなりに着込めば対応可能。

もちろん外はまだ真っ暗です。

 

前日に「中津⇔築城」の往復チケット(760円)を購入済み。

利用したJRは

中津駅 5時47分発
築城駅 6時07分着

 


※外はまだ暗いですね。

ホームにはすでに多くの人たちが居ましたが

全員が席に座れるぐらいの人数でした。

快適な電車移動でした。

 

駅から降りるとすでに誘導が始まっています。

誘導されるがままに基地へ向かう。

朝も早かったため、足止めをくらうことなく進めました。

 


※門前にはすでに待人が居ましたが、そこまで多くない。

手荷物検査を終えた後に、正門に到着。

時間は、6時19分。

築城駅から正門まで約10分で移動できました。

開門時間は6時30分なので、それまでしばらく待ちます。

早朝は売店がおすすめ!グッズも購入する。

6時半に開門。

エプロン地区(航空機が展示してあるエリア)には入れません。

この時間は売店を楽しみます。

※エプロン地区が開放されたのは7時半でした。

 


早朝の売店の様子。

ほとんど人がいませんが、お店は開いていますよ。

寒いので、うどんの様な温かい商品に惹かれる。

食べ物を売っているお店は明るいのですが

自衛隊グッズのお店は暗くて、商品が見づらかったです。

スマホのライトで照らしているお客さんがいたくらい。

 


ちなみにこちらがお昼ころの売店の様子。

どのお店も列が長くて、ちょっと萎えます。

 


ブルーインパルスグッズや、自衛隊グッズが多く販売されています。

ちょっと前までは、デザインがイケてない物もあったのですが

最近はどんどんデザインが良くなってきてます。

女性ファンが増えてきたからでしょうか?

 


この直線はほとんどグッズ販売のお店。

朝は人が少なくて、いい感じでお買い物が出来ます。

カレンダー等の人気商品はあっという間になくなるので

朝買うことをおすすめします。

私も、グッズ購入は朝に完了させました。

 


こちらが昼12時頃の様子。

上の画像と比較すると

いかに朝が買い物しやすいかよく分かりますね。

 

築城基地航空祭2019のプログラムと内容の紹介

プログラム内容を簡単に紹介すると・・・

8:16~8:35 オープニング・フライト F-2×6
9:30~9:40航過飛行 T-7×2~4
9:40~10:10ウイスキーパパ エクストラEA300×1
10:20~10:30機動飛行 F-15×1
10:40~10:50 デモスクランブル F-2×2
11:00~11:20 模擬空対地射爆撃 F-2×4
13:00~14:25ブルーインパルス
14:30~14:45 機動飛行など F-2×2

 とりあえず見どころは

F-2とブルーインパルスですね。

 

航空機の地上展示・スペマ機が最高!

7時半にエプロン地区が開放されました。

8時16分~のオープニングフライトまでは、地上に展示してある航空機の鑑賞タイムにおすすめ。

(私は売店でうつつを抜かしていて間に合わず)

多くの航空機が地上で展示されていましたが

見どころの一つは、スペマ機です。

※スペマ機とは?
スペシャルマーキングされた機体のこと。
特別なデザインの塗装をされた機体ということです。

第6飛行隊の60周年記念の特別塗装。

八咫烏(やたがらす)模様のF-2。

飛行している姿がどちゃくそカッコいい!!

この画像ではどんなデザインか、いまいち分かりづらいですね。

こちらのツイッター画像が素晴らしい。

燃えるような八咫烏がたまりません。

 

 

茨城県の百里基地からお越しいただいた「F-4EJ改」です。

301飛行隊の部隊マークはカエルで

そのカエルをもとにデザインされた素晴らしい特別塗装です。

まじデザインが秀逸!!

F-4は来年3月で退役予定。それを記念しての特別塗装機だと思われます。

 

今年の地上展示で目を引いたのが救難飛行艇「US-2」です。

海上自衛隊岩国航空基地、第71航空隊に配備されています。

辛坊治郎さんを救出したことで有名。

かなり大きな機体で見応えがありました。

 

陸上自衛隊飯塚駐屯地(福岡県)にある「03式中距離地対空誘導弾」

飯塚駐屯地のお兄さんがとても親切で、色々教えてくれました。

日本では訓練できないので、わざわざアメリカに行くそうですよ。

 

航空機の機動飛行や展示飛行

特にF-2の機動飛行や模擬空対地射爆撃は

築城基地航空祭でもかなりの見どころです。

実際とても迫力があって、楽しかったのですが

うまく写真で取れず、様子がうまくレポ出来ましぇん・・・

 


頑張って撮った一枚(T_T)これが限界でした・・・

私でもうまく撮れる良いカメラが欲しくなってしまいますね。

 

こちらのツイート画像が素晴らしいです。

F-2のイケメンぶりが存分に伝わるかと。

 

ちなみに、放送される飛行隊やパイロットの紹介が面白いです。

会場からも笑いが起こるぐらいなので、ぜひ聞いてみてくださいね。

見て、聞いて楽しめる展示・機動飛行です。

 

F-2戦闘機コクピット展示を堪能する

輸送機の中の見学、航空機のコックピット見学などが出来ました。

並びましたけどね。

 


こんな至近距離で、さらに上から見られるなんて。

航空祭ならではの楽しみですね。

 

T-4練習機の整備展示


ブルーインパルスの機体で有名なT-4ですが

その整備展示を見学できました。

説明をしながら、エルロンやラダー(方向舵)を動かします。

かなり興味深いです!

 

他にも、消防車の展示や、活動パネル等の展示もありました。

全部見てたら時間が足りないかも。

 

ブルーインパルス

航空祭のハイライト的存在、ブルーインパルス。

午前中の9時からは、パイロットによるサイン会がありました。


すでに長蛇の列。

パイロットは大人気ですね・・・

出遅れた私は、整備員の方のサインを頂きました。

整備員になった経緯を伺ったり、お話するのも楽しい。

 

さて、午後1時からブルーインパルスの飛行展示が始まります。

天気は良いので、間違いなく飛んでくれるでしょう。

 


「インディビジュアルテイクオフ&ダーティーターン」

一番初めの演目です。

F-2とは比較にならないぐらい、きれいに撮れました。

 


「さくら」です。

あまりに大きくて、カメラに収まりません。

やっぱりブルーインパルスは青空に映えますね。

午前中は曇っていたのですが、午後からは晴れ。

最高のブルーインパルス日和となりました。

 

最後の演目「ローリングコンバットピッチ」「コークスクリュー」

が終わり、展示飛行が終わった・・・

と、寂しさを感じていると

なんとブルーインパルスからのクリスマスプレゼントが!!!

 


「クリスマスツリー」です!

ランディングライトがツリー感を演出しています。

ありがとう、ブルーインパルス。

築城基地航空祭2019から帰る時の様子

ブルーインパルスの後は、F-2の機動飛行がありますが

帰りの混雑がものすごいので、帰ることにしました。

14時20分頃に帰り始める。

 


基地内の様子です。14時半。

徒歩組は正門からしか出られないのですが

基地内から正門に向けての道が、もんのすごい混雑ぶりです。

ブルーインパルスが終わってからすぐ移動したのにな・・・(^_^;)

しかもなかなか進まない。

 

結局、F-2の機動飛行もバッチリ見ることが出来ました。
(やっぱり部隊紹介やパイロット紹介が面白い)

さらには外来機の帰投まで見られましたよ!

それはつまり、3時過ぎても基地から出られなかったということ。

 

いつになったら帰れるのだろうか・・・

と思っていたら


なんとDJポリスならぬ、DJ自衛官がトークで楽しませてくれました。

建物の上の2人の男性見えます?

本当に築城基地は最後までサービス精神旺盛です。

進まない列にイライラした気持ちが、ほっこりしました。

 

14時半に並び始めて、正門を抜けたのが15時45分。
(1時間15分並んだ)

正門で駅へ向かう人数の調整をされていたので、

正門から駅までは20分で移動できました。

 

 

それでも駅は混んでいますよね。

特急列車ソニックは大人気でした。

16時19分中津行き(各駅停車)は、比較的空いていましたよ。

中津のホテルは正解だったかもしれない。

 

結局、並んでから駅までが1時間40分。

電車移動の時間も含めると、約2時間かかりました。

帰る時間はそれぐらい見込んだほうがいいと思います。

売店での戦利品をご紹介

航空祭と言えば、グッス購入ですが(自分の場合)今回の戦利品です。


・カエルトートバッグ
・ファントムのブランケット
・カエルパッチ
・301・302飛行隊さよならパッチ
・カエルキーホルダー

と、見ていただいて分かる通り301飛行隊のカエルグッズばかり購入してしまいました。

やっぱりカエルは秀逸ですよ。

まとめ

築城基地航空祭2019のプログラム内容や混雑ぶり等、レポしました。

宿に泊まり、その土地のものを頂いて、航空祭を楽しんでと

本当に楽しい旅行となりました。

ただ混雑ぶりはとてもスゴイので、航空祭の楽しさや楽しみ方と合わせて

皆さんの参考になれば幸です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です