【日本原駐屯地】創設54周年記念行事(2019)に行ってみたレポート! 

2019年10月27日、岡山県にある陸上自衛隊日本原駐屯地で

「日本原駐屯地 創設54周年記念行事」がありました。

初めて日本原駐屯地に行ったんですが、とっても楽しいイベントでしたよ。

どんな記念行事だったのか?レポします。

日本原駐屯地はどんなところ?

日本原駐屯地は、岡山県勝田郡奈義町にあります。
(岡山県北部の兵庫県寄り)

岡山市から車で約1時間半の距離です。

 

陸上自衛隊は、全国を5つに分け、それぞれに方面隊を配備しています。
(北から、北部方面隊・東北方面隊・東部方面隊・中部方面隊・西部方面隊)

方面隊は師団(しだん)・旅団(りょだん)によって編成されています。

日本原駐屯地は、西部方面隊の第13旅団の指揮下にあります。

・第13特科隊(大砲・ロケット・ミサイルによる支援攻撃部隊)
・第13戦車中隊(戦車を扱う部隊)
などが駐屯しています。

※第13旅団は中国5件の防衛、災害派遣等を担当。
司令部は広島県安芸郡海田町の海田市駐屯地。

創設54周年記念行事(2019)のプログラム

テーマ「至誠(しせい)」

開催時間 9:00~15:00

プログラム

模擬売店 9:30~14:30

式典・訓練展示 10:00~12:00
・観閲式
・観閲行進
・訓練展示

装備品展示 訓練展示終了後~14:50

祝賀会食 12:00~14:00

音楽隊演奏 12:30~13:00

戦車試乗 12:00~14:50

他にも・・・
ちびっこ広場
野点(のだて)…野外で茶を立てるお茶会
試着体験

やはり観閲行進や訓練展示は必見です。
戦車乗車も大人気なんですよね~。

日本原駐屯地の記念行事に参加した様子をレポ!

日本原駐屯地に車で移動

記念行事は9時からスタート。

日本原駐屯地から約17km(車で約30分の距離)の津山市を

8時過ぎに出発しました。

最初は道が空いていたので、順調だったのですが

途中から道がだんだん混みはじめまして・・・

 

混んでる感じ伝わります??

なかなか進まない・・・&進んでも少し。

こんな状態がずっと続きました。

先が見えない~いつ到着するんだ~

 


駐車場から駐屯地への人の列

やっと駐屯地の入り口が見えたのですが

想像以上の人の列にびっくりしました!

ツアーバスも多く見られました。

今年の来場者数は約9300人を超えたそうです。
(主催者発表)

そりゃ混むはずですよ。

 

やっと駐車場の入口が見えてきました。

この道を左折します。

左折してからも距離がありました。

「こんだけ走ったら、駐屯地まで歩くな~」

と思っていたのですが

なんと駐車した場所は、駐屯地の敷地内でした。
(記念行事会場にはすぐ到着できた)

 

結局到着したのは9時20分。

通常30分の距離に、1時間20分かかってしまいました。

ちょっと出発が遅かったですね。

 

9時20分頃、駐車場はまだ空いてましたよ。

手荷物検査があります。

記念行事会場に行くには手荷物検査があります。

男性の荷物は男性の隊員が
女性の荷物は女性の隊員が

荷物の中をチェックされていました。

キビキビとして振る舞いに、ちょっと身が引き締まります。

 

式典・訓練展示を見にグラウンドへ 

9時20分に到着した私は「式典・訓練展示」を見るために、グラウンドへ向かいました。

「式典・訓練展示」は記念行事で一番人気のプログラムです!

10時からスタートですが、場所取りが大事です。

すでに多くの人がグラウンド脇で場所を取っています。

やはり出遅れてしまったか・・・

 

探し回って、最前列の良い席がとれました。

日本人のマナーの良さに助けられましたよ。

 

観閲式

10時から観閲式がスタートします。

観閲式なんて、日頃聞き慣れない言葉ですね。

観閲式(かんえつしき)とは?

創隊記念に行われる記念式典である。
・国民や地域住民などに対して自衛隊の活動に理解を得る
・周辺国に対する牽制
の意味で行われる。

引用:Wikipedia(観閲式)

住民などに自衛隊の理解を深めるためのものなんですね。

 

部隊ごとに自衛隊員が整列しています。

偉い人達(国会議員など)のありがたい話が延々と続きます。

 

それにしてもいい天気ですね。

 

観閲行進

式典が終了した後は、観閲行進が始まります。

その名の通り観閲のための行進です。

 

一番初めは、海田市駐屯地の第13音楽隊が演奏しながら行進です!

観閲行進では、部隊ごとに行進。

様々な装備品を見ることができます。

 

行進を待ち構える人々。

赤旗を持ったお兄さんが、旗を下げたら行進スタートです。

 

何かあれば助けてくれそうな車ですね。

「1トン半救急車」という名前のようです。

 

 

第13特科隊に配備されている「FH-70

トラックではなく、後ろに引っ張られているものがFH-70です。

日本原駐屯地に来たなら、ぜひ拝みたい装備品です。

 

 

第13戦車中隊の74式戦車

こちらも日本原駐屯地に来たら必見です。

戦車は走っているだけでもめちゃくちゃカッコイイ!

 

こんな感じで次々と部隊が行進をします。

これが見たくて、前の席が撮りたかったんですよね。

迫力ある観閲行進が終わったら「訓練展示」です。

 

訓練展示

訓練展示には準備が必要です。

その準備を待っている間に、音楽隊が演奏をして下さいます。

 

それがただの演奏ではないのですよ・・・

なんと音楽隊と大砲とのコラボ!

何でも、チャイコフスキーが作った「1812年」という曲は

大砲が楽器として使われるように作曲されたそう。

音楽に合わせて大砲が「ドーン ドーン」

これはどんな曲か聞いてみたくなりますね!

 

演奏中、タイミングを待ち構えている「FH-70」

 

もはやどんな曲か忘れてしまいましたが、インパクト大!!

他にも通常の演奏が何曲かありました。

 

さて、訓練展示の準備が整ったようです。

実際の戦闘を想定して、どんな展開をするのか見ることができます。

日々の訓練を見学できる、まさに訓練展示!

 

ヘリが飛んできたり

戦車とともに攻め込む隊員たち!

戦車の空砲や、FH-70の空砲がものすごい振動と音で

5感で迫力を感じられます。

訓練展示のこの迫力がたまりません!!!

 

空砲の直前に「今から撃ちます~」と教えてくれるので

耳をふさぐなり、なんなり対応可。

小さなお子様でも大丈夫です。

 

訓練展示が終わると、お昼ぐらいの時間になります。

売店へ多くの人が移動します。

 

模擬売店

記念行事では屋台が出店しています。

奥ののぼりが立っているところが屋台です。

屋台で何かを買おうと思ったのですが、列が長い。

画像中心部に有る白い建物の中にコンビニがあります。

よし、コンビニに行ってみよう!

 

コンビニの様子。

ここも、ものすごい人人人人。

あまりにも人が多くて、近づくこともできませんでした。

お昼は断念することに。

 

自衛隊グッズも販売していました。

見ると色々欲しくなります。

 

音楽隊演奏

音楽隊の演奏が、12:30~13:00にありました。

 

装備品展示

訓練展示が終わった後のグラウンドでは

自衛隊の装備品が展示されます。

こちらも大人気のプログラムです。

 

グラウンドには装備品を見たさに多くの人々が!

 

私も早速行ってみました~

 

隠密行動用戦闘装着セット

試着もできましたよ。

 

81式短距離地対空誘導弾(短SAM)

トラック後ろの発射装置からミサイルがドーン!

 

 

観測ヘリコプター「OH-6D」

通称「空飛ぶたまご」丸っこいボディが可愛いですね。

2019年度末に退役予定です。

 

こちらは大人気の「FH-70」

結構遠くに玉が飛びます~

 

戦車試乗

これも大人気企画「戦車試乗」

戦車試乗するためには、整理券をゲットしなくてはなりません!

今回の戦車試乗は
・総合案内所前で整理券を配布
・午前・午後2回に分けて配布
・配布枚数は合計460枚

もちろん一人一枚ですよ!

 


整理券をゲットしたら、こちらに並びます。

 

こちらが戦車試乗の様子です。

あまりの大人気企画のため、整理券ゲットできず。

いいな~わたしも乗りたかった・・・

どこの駐屯地でも人気があるプログラムです。

 

日本原駐屯地を後にする

楽しかった記念行事ですが、そろそろ帰ることに。

15時までいたいのは山々ですが

そんな時間に帰ろうものなら、渋滞は避けられません。

 

今日中に家に帰ることを考えて、14時過ぎに出ることに。

すんなり駐車場を出ることができました。

 

帰りはお気に入りのスイーツショップ「シャトレーゼ」に寄りました。

食べそこねたお昼の分まで買いまくりましたよ!

まとめ

日本原駐屯地、創立54周年記念行事(2019)に行った様子をお伝えしました。

記念行事でしか体験できないことが、たくさんありましたね。

自衛隊の日頃の訓練ぶりがしっかり感じられるプログラムでした。

駐屯地は全国各地にあるので、近くの駐屯地記念行事に行ってみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です