【ブルーインパルス】過去の事故や殉職者数、東日本大震災をまとめました。

今回の記事では、ブルーインパルスの事故や殉職者数について書いています。

また、2011年の東日本大震災では

ブルーインパルスが所属する松島基地が大きく被害を受けました。

その時、ブルーインパルスはどうなったのでしょうか?

合わせてまとめましたので、ご覧ください。

 

 

 

ブルーインパルスの過去の事故や殉職者数

ブルーインパルスの事故、殉職者数について年表形式でまとめました。

 

1960年 ブルーインパルス誕生

発足当時使われていた機体は「F-86Fセイバー


画像出典:Digital Combat Simulator

 

1961年7月
訓練中の事故。伊良湖岬沖(愛知県田原市)で墜落しパイロットは殉職。ブルーインパルス初の犠牲者となった。

約1ヶ月ほど飛行停止。事故調査内容から安全対策をたて、再開。

 

1964年10月 
東京オリンピックで五輪マークを描く。


画像出典:毎日新聞

 

1965年11月 
アクロバット飛行訓練中に1機が失速して墜落。パイロットが1名が殉職

 

1982年 
ブルーインパルスの機体を「F86Fセイバー」→「T-2」国産練習機に変更。

 

1982年11月
浜松基地航空祭で、「下向き空中開花」という演技を行っていた時、会場近くの駐車場に墜落するという事故が発生。墜落機のパイロット1名が殉職、地上の民間人にも12名の負傷者が出た。展示飛行中に起こった、唯一の事故。

原因は、編隊長の指示が遅れたため。

詳しい内容はコチラの記事をご覧ください。

【ブルーインパルス】浜松事故の原因は?殉職したパイロットはいるの?

 

1991年7月
金華山沖(宮城県石巻市)で訓練をしていた4機のうち2機が墜落するという事故が発生。2名が殉職

原因は、海霧の中で編隊長機が空間識失調に陥り、編隊が左に傾いたため。

この年の展示飛行はすべて中止。

 

1996年 「T-2」国産練習機→「T-4」練習機に変更


画像出典:航空自衛隊ホームページ

 

2000年7月
金華山沖(宮城県石巻市)での訓練を終えて帰投する途中、5番機と6番機が宮城県牡鹿郡牡鹿町の光山山頂付近に墜落、3名が殉職

原因は、事故原因は海霧の中で高度を下げすぎたため。

事故以降、その年の展示飛行を全て中止。

 

2014年1月
松島基地から南東に約45kmの太平洋上で1番機の機首部と2番機の左後方が接触し緊急着陸。
ブルーインパルス同士の接触事故発足以来初

 

事故内容と、殉職者についてまとめました。

事故回数は6回。殉職者は8名。(正確な数字ではなくおおよそです)

危険な任務ですから、当然危険と隣り合わせになります。

何かがあれば、命が失われる。パイロット達の緊張感は、相当なものと思われます。

 

東日本大震災時、ブルーインパルスはどうなった?

2011年3月11日の東日本大震災で、松島基地が被災。

津波により基地は大きな被害をうけます。以下、被災した松島基地の画像です。



画像出典:人民日報

松島基地所属のブルーインパルスはどうなったのでしょうか?

 

なんと、2011年3月11日

ブルーインパルスは芦屋基地(福岡県)にいました。

3月12日の「九州新幹線全線開通」を記念した展示飛行のため、福岡県の芦屋基地に移動していたのです。

奇跡的に被災を逃れ、早期に展示飛行復帰となりました。

 

復興の象徴となったブルーインパルス。

ブルーインパルスの隊員たちは、震災発生から3日後、松島基地に帰還しました。

訓練を再開したのは、5月23日。拠点は福岡県の芦屋基地となります。

 

同年8月20日、宮城県東松島市「ありがとう!東松島元気フェスタ」が開かれ、ブルーインパルスも展示飛行を行いました。震災以来、ブルーインパルスのエンジン音を聞くことが無くなった地元の人たちは、久しぶりの展示飛行にとても喜んだそうですよ。

芦屋基地を拠点にブルーインパルスは各地の航空祭などで展示飛行を行いました。松島基地に所属しながら奇跡的に被災を免れ、力強く空を舞い飛ぶブルーインパルスは、どこでも東日本大震災からの復興の象徴でした。

引用:weathernews

 

ブルーインパルスが帰還する姿を見て、勇気づけられた被災者の方も多かったのではないでしょうか。

もし被災していたら、新たにT-4を購入することになり、何年もブルーインパルスを見ることができなかった可能性もあります。

震災当日に松島基地にいなかったブルーインパルスに運命的なものを感じてしまいますね。

まとめ

今回の記事では、ブルーインパルスの事故や殉職者数、東日本大震災についてまとめました。

悲しい歴史ではありますが、これらの事故や震災を乗り越えることで

高い安全性の確立と

国民に愛されるブルーインパルスへと成長してきました。

これからも、素晴らしいフライトを見せてもらいたいですね!

 

コチラの記事もオススメです!

【ブルーインパルス】浜松事故の原因は?殉職したパイロットはいるの?

【ブルーインパルス】とは何?名前の由来や魅力を説明します!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です