【ブルーインパルス】煙の正体は何?飛行機雲との違いを解説!

航空祭のハイライトと言えば、ブルーインパルスの曲技飛行。

青い青い空に、白くて真っ直ぐな線を引きながら飛行する姿が印象的ですね。

 

今回は注目したいのは、ブルーインパルスのシンボルとも言えるスモーク。

上の写真にある、白い煙です。

この白い煙って何だろう?と思っている人も多いハズ。

飛行機雲ではないんですよ~!

 

今回の記事では、ブルーインパルスの白い煙の正体は何か

飛行機雲との違いと合わせて解説していきます。

 

 

ブルーインパルスの白い煙の正体は何?

スピンドルオイルというです。

この油を熱することにより、白い煙を発生させています。

 

フライパンに油を入れて熱すると、煙が出てきますよね?あれと同じです。

 

ブルーインパルスはどうやって白い煙を発生させているの?


画像出典:航空自衛隊ホームページ

赤く丸してあるところは、ジェットエンジンの排気口です。

機体右側のジェットエンジン排気口に、秘密があります。

(上の画像の赤丸は、機体左側の排気口)

 


画像出典:CLUB Y’s blog Ver.4.52

機体右側のジェットエンジンの排気口のアップです。

オレンジの丸の中にあるノズルからスピンドルオイルが吹き出し

ジェットエンジンの排気の熱気化して、白い煙を発生させてます。

 

スピンドルオイルはよく使われている油です。

有害ではありませんよ。

 

飛行機雲との違いは何?

ブルーインパルスの白い煙は必ず発生させることが出来ます。

ただ、飛行機雲は飛行機の高度、天候、気温によって発生したりしなかったりします。

高い上空で、外気が冷えると発生しやすいので、冬のほうが飛行機雲はできやすいと言われています。

 

飛行機雲は

①エンジンから出る排気ガスが作り出す飛行機雲。
②飛行機の主翼などの後ろに空気の渦ができて、水分が冷やされるためにできる飛行機雲。

2種類あるようです。

 

昔は、ブルーインパルスの煙に色がついてたの?

今は白い煙(スモーク)ですが、かつては色煙(カラースモーク)でした。

画像出典:catch the wings

5色の煙が、美しいですね。

1964年の東京オリンピックでは、カラースモークで五輪のマークが描かれました。

ブルーインパルスは発足当時からカラースモーク。

 

ただ、1999年からカラースモーク禁止になっています。

理由については以下の通り。

1998年7、8月に山口県防府市と北海道千歳市で展示飛行を実施した際、「車に色が付いた」と苦情が寄せられた。調査したところ、カラースモークが原因と判明したため、それ以降の使用を中止したという。

引用:産経ニュース

うーん、車や洗濯物に色がついては困りますね。

中止もやむなし、というところだと思います。

 

でも、カラースモークのブルーインパルスも見てみたいな~・・

 

ブルーインパルスのカラースモーク(色煙)が復活するって本当?

朗報です!!

カラースモーク(色煙)のブルーインパルスが見られるかもしれません!

2020年の東京オリンピックに向けて

ブルーインパルスをカラースモークに出来ないかと新たに研究が始まった模様。

以下、報道内容です。

1964年東京五輪の開会式で、航空自衛隊のブルーインパルスが国立競技場の上空に5色の五輪マークを描いてから約50年-。あの感動を2020年東京五輪・パラリンピックで呼び起こそうと、空自が調査研究を進めている。

引用:産経ニュース

どうなるかはわかりませんが、ワクワクしちゃいますね!

もしかしたら2年後に

ブルーインパルス描く色付きの五輪マークが見られるのかもしれない・・・(*´ω`*)

はぁ研究よ、うまくいってくれ~!航空自衛隊頑張って~!

 

 

まとめ

今回の記事では、ブルーインパルスの白い煙の正体は何か?

飛行機雲との違いと合わせて解説していきました。

 

まさか油だったとは・・・ビックリですね(゚∀゚)

今度、航空祭に行くときには

ぜひノズルやジェットエンジンの排気口を見てみてくださいね。

2020年のオリンピックにカラースモークが間に合うことを祈りましょう!

 

コチラの記事もオススメです!

【ブルーインパルス】とは何?名前の由来や魅力を説明します!

【ブルーインパルス】浜松事故の原因は?殉職したパイロットはいるの?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です