片山さつきが初入閣!批判が多い理由はなぜ?わかり易く解説。

 

内閣総理大臣に安倍総理が再選となり

平成30年10月2日に内閣が発表されました。

その中で一番の注目が、紅一点の片山さつき氏。

「地方創生担当大臣」となりました。

 

片山さつき氏と言えば知名度もあるので

初入閣というのが意外な気もしますね。

今回は女性の中で

なぜ片山さつき氏だけが入閣したか探ってみましょう。

 

 

 

なぜ片山さつき氏は入閣となった?安倍総理のねらいは?

安倍総理はこのように述べてます。

「政策通であるだけでなく、フットワークも軽く

超人的なガッツの持ち主でもある」

一見、表向きなコメントに見えますが・・・

 

中小企業の現場にも、地方の商店街にも

各地の業界団体の集まりや若手経営者の集まりにも

エネルギッシュに参加して来られた片山さつき議員の

バイタリティーと政策面での知見に期待しています。

 

政治家としてのバイタリティは

安倍さんが言うように2人分も3人分ある。

活動するが故に目立ち叩かれることも多い。

といった意見も見られます。

 

地方創生担当大臣は課題が多く、改革も必要。

実際に片山氏の

ガッツを期待してというのはあるかもしれません。

 

また、安倍総理は今期が最後です。

最大の悲願は「憲法改正」。

党内を固めるべく派閥に配慮した組閣となっています。

片山さつき氏は二階派。

もともと早い段階から

安倍総理支持にまわっていたため

今回の入閣は「論功行賞」とも。

(論功行賞・・・論功の結果、働きに応した賞を与えること。)

 

女性の活躍を訴える安倍政権として

女性閣僚は必ず作りたい

(結局女性閣僚は一人でしたが・・・)

 

そういた事情から片山さつき氏が

入閣となったと考えられます。

 

 

片山さつき氏の入閣、世間の反応は?

まず気になるのは、世間の反応。

ツイッターで調べたところ否定的な意見が多数。

なかなか厳し目の意見が多いです。

反対意見も載せようかと思ったのですが

ちょっと見当たらず・・・

 

でも、逆に気になりません?

なぜこんなに批判されるの?

 

 

片山さつき氏が入閣を批判される理由は?

ツイートに批判的な意見が多いのは

以下2点の出来事が影響しているようです。

 

①芸能人生活保護不正受給問題

お笑いコンビ・次長課長の河本準一の親族が生活保護費を受給していることについて

河本の推定年収が約5000万円であることから

河本氏の母親が生活保護を受けることは弱者の受給とは別問題である

自身のブログで批判した。

出典:Wikipedia(片山さつき)

 

②女子高生の貧困についてのツイート

神奈川県が設置した「かながわ子どもの貧困対策会議」が

2016年に開催したイベントで女子高校生が

経済的理由で専門学校進学を断念したと発言した内容を

同日のNHK「ニュース7」が報じたことに対し

インターネット上で女子高校生の生活実態への疑惑が噴出した。

片山も「チケットやグッズ、ランチ節約すれば

中古のパソコンは十分買えるでしょうから

あれっと思う方も当然いらっしゃるでしょう

とツイートし、NHKに説明を求めるとした。

出典:Wikipedia(片山さつき)

なるほど。

こういった発言が

弱者を切り捨てるイメージに繋がったと考えられます。

そのため入閣に批判的な意見が多かったのですね!

 

ただ、この件がきっかけで法の整備がなされたこともあり

悪いことばかりではなかったようですよ。

 

 

まとめ

今回は、片山さつき氏の入閣について調べてみました。

今回の入閣について批判は多いのですが

逆に言うと、注目されている証でもあると思います。

 

パワフルさと知名度は抜きん出ていますので

それを生かして、地方創生を進めていただきたいですね!

これからも注目です!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です