札幌の爆発事故の原因は消臭スプレー缶!メーカーや値段を調査! 

札幌市豊平区で12月16日におきた、爆発事故。

この爆発の原因は、不動産会社のスプレー缶が原因!

スプレー缶がどうして爆発?

スプレー缶のメーカーはどこか?値段など、調べてみました。

札幌の爆発事故は不動産会社のスプレー缶が原因

あの大きな爆発の原因は

不動産会社「アパマンショップ平岸駅前店」にあった消臭スプレーです。

12月18日にアパマンショップリーシング北海道・佐藤大生社長が以下のように説明。

「従業員は、店舗の改装で在庫を整理するため、スプレー缶のガス抜きをしていて

爆発直前に未使用のスプレー缶120本を同時に噴射し、給湯器を付けると爆発が起きた」

引用:ホウドウキョク

廃棄処分のため、未使用の消臭スプレー120本!?

一斉に噴射( ゚Д゚)!

スケールが違いますね・・・

しかも、スプレーのガス抜きは部屋を閉め切っていたようで

一斉噴射が終わったころには、部屋が真っ白で煙たくなったそう!

爆発云々の前に健康に悪そう。よく締めきった部屋でやりましたね。

 

一旦、従業員は外に出て20分待つ。

その後部屋に戻って、手を洗うために給湯器をつけたら「ドカーン!!

という経緯の様です。

不動産会社の消臭スプレーのメーカーはどこ?

消臭スプレー缶は「heyasu(ヘヤシュ)」というメーカー。

ホームページはコチラ

爆発事故の原因は、画像真ん中の消臭スプレーです。

全量噴射型消臭・除菌スプレーヘヤシュ消臭・除菌スプレー

というのが正式な商品名。

全噴射型なので、一度ボタンを押したらすべて使い切るタイプ。

こんな感じで使うようです。

お部屋に消臭成分を噴射。
お部屋の隅々までニオイのない空間にします。
わずかな時間でお部屋が生まれ変わったようにすっきり。
植物由来の消臭成分だから、どんなお部屋でも安心してお使いいただけます。

引用:heyash

部屋の匂いを取り除き、除菌もできちゃいます。

ヘヤシュ」は静岡県にある会社。

アパマンショップは

賃貸物件の部屋のクリーニングや消臭に「ヘヤシュ」を使用しているようです。

極めて可燃性・引火性が高い

という注意書きは、もちろんしてありました。

商品の問題ではなく、使い方の問題と言えますね。

ヘヤシュの消臭スプレーはいくら?

効果抜群そうなヘヤシュの消臭スプレーですが、一体いくらなのでしょうか?

業務用なので、私達が買うことはできません。

不動産仲介店では

1万円~2万円で消臭スプレーの消臭・除菌サービスをしています。

専門業者が消臭・除菌サービスをするわけではなく

ただ、従業員が賃貸物件に行って「ヘヤシュ」の消臭スプレーをするだけ。

それに1万~2万って・・・高くない?

 

じゃあ「ヘヤシュ」の消臭スプレー自体が高いのか?

アパマンショップの仲介店は、本社から1本1000円(原価)で買い上げていたそう。

一本1000円が、1万から2万・・・

ぼったくられてる気がしますね・・・(*´Д`)

なぜ120本も一斉に処分した?

2日後に控える店舗改装・リニューアルのために

スプレー缶を処分したい。

捨てるために、スプレー缶のガス抜きをした。

事情としては分からなくはないのですが、120本という本数がビックリ( ゚Д゚)!!

いったいどういう在庫管理になっているのか?

と思った人も多いはず。

 

アパマンショップ平岸駅前店」は

2018年分(1月~12月)として約190本買い上げいました。

そして2018年12月16日現在で在庫は160本。

お客様からお金をとっておきながら、使ってなかったかもしれません。

本来使用しなければならないのに、使用してないことを隠すために120本処理した。

この可能性はたかそうです。

まとめ

札幌の爆発事故原因、消臭スプレー缶について

スプレー缶のメーカーや値段を調べてみました。

商品自体の問題ではありませんでしたね。

危険な物でありながら、使用方法を理解していなかった店長が原因の様です。

ある意味それより気になるのが、消臭・除菌サービスでぼられてる疑惑!

これから賃貸物件を借りる時には気をつけないといけませんね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です