東名あおり事故の判決は懲役18年!短い?重い?頑張った?感想まとめ!

2018年12月14日に東名あおり運転事故の判決が出ました。

以下ニュースを引用。

自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた
石橋和歩被告(26)=福岡県=の裁判員裁判で、横浜地裁(深沢茂之裁判長)は14日、
危険運転致死傷罪の適用を認め、懲役18年(求刑・懲役23年)を言い渡した。

引用:毎日新聞

懲役18年」という判決。

夫婦が亡くなり、娘も怪我をした事件の判決ですが・・・

「短い」「頑張った」「おかしい」など様々な意見が!

さて、今回の判決の世間の受け止めはどうなのか?感想をまとめました。

東名あおり運転事故の概要

2017年6月の出来事。

今回の事故で亡くなった被害者家族の父親(萩山嘉久さん)が

中井パーキングエリアで、道路を塞ぐように駐車していた車に注意をする。

注意され逆上した加害者(石橋和歩被告)は、高速道路で走行中の萩山さん一家の車に対し

4回にわたり妨害行為を繰り返し、追い越し車線上に停止させる。

注意された事に対し抗議し、萩山嘉久さんを引きずり出そうとし、口論となる。

そこから間もなく、被害者の車にトラックが追突し、萩山嘉久さん、妻の友香さんは死亡。

二人の娘がけがを負った事故。

判決への感想・意見

懲役18年は短い!おかしい!

懲役18年に対して「短い」「おかしい」という意見が!

あおり運転の結果、夫婦が亡くなり、娘も怪我。

未成年の子供が法廷で意見を述べ、これから両親なしで生きていくことになる。

石橋被告に怒りを感じている人は多くいました。

懲役18年は短い」と感じる気持ちは痛いほどわかります。

ただ、裁判は法律をもとに裁かれるわけですから

最後のツイートにあるように、司法の限界なのか??

懲役18年は頑張った!

一方で「懲役18年は頑張った!」といった意見も!

萩山さんご夫婦の直接の死因はトラックに引かれたこと。

石橋被告が手を下したわけではありません。

その中で、法整備もままならない中での「懲役18年」。

危険運転致死傷罪の適用が認められたのも画期的であり

検察の頑張りだと思われます。

検察が頑張らなくてもいいように、法整備をきちんとしてほしい~!!

懲役18年は重い!

懲役18年は重い」と言った意見もあります。

ご意見、ごもっともですね。

法律を都合よく解釈・変更できるのであれば、法治国家ではありません。

それは結果的に、国民を守ることにつながります。

感情論で論ずるべきではないのはわかるんだけど~(;^_^A

でも、でも~💦

やっぱり、早く法整備をしてほしい!!!!

まとめ

東名あおり運転事故の判決「懲役18年」について

「短い」「頑張った」「おかしい」「死刑」など様々な意見をまとめてみました。

みなさん、この事件に対する関心が高いですね。

意見一つ一つに、皆さんの思いを感じました。

私も車であおられた経験はあるので、他人ごとではありません💦

今回の判例が、事件の抑止になることを期待します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です