世田谷区役所、山本さほへの対応が問題に。出来事と原因をまとめました。

 

こんにちは、イカです。

フリーランス(自営)生活をしているイカにとって

とっても気になる話題を見つけてしまいました。

舞台は、世田谷区役所!

世田谷区役所の職員さんと

漫画家でフリーランスの山本さほさんとのやりとりで

世田谷区役所が炎上しかけてます・・・いや、してるな。

 

一体何があったのでしょうか?

まだよく知らないよというあなた!

トラブルの概要と、世間の反応など

わかりやすくまとめてみました。

 

 

そもそも山本さほってどんな人?

山本さほさんは、岩手県出身の漫画家

めちゃくちゃ可愛らしいですね。

ビッグコミックスペリオール週刊ファミ通で連載をもってます。

「岡崎に捧ぐ」はブロスコミックアワード (大賞)

マンガ大賞 (第9回, 第10位)を受賞されてます。

 

 

世田谷区役所でどんなトラブルが?

トラブルの発端は、世田谷区役所と山本さほさんが

一緒に仕事をしたところから始まります。

 

海外の子どもたちに漫画を教えるイベントで

世田谷区役所から講師の依頼を受けた山本さほさん。

イベント当日

◎ 担当に、あらかじめ送ったデータを「無くした」と言われる

◎ 会場をダブルブッキングしたことが判明。キャンセル料2万をギャラから引かれることに。会場の予約に、山本さほさんは一切絡んでいない。

◎ しかし、もともとギャラから会場費が引かれる事になっていたことが発覚!

 

山本さほさんが漫画で出来事を綴っています。

このツイッターが拡散されて、大きな話題となったわけですね。

 

一連の出来事に、山本さほさんは

世田谷区役所と仕事したんだけど、やばすぎて笑うしかなかった…。 人のことなんだと思ってんだろう。

引用:ツイッター(山本さほ)より

と、おっしゃっています。

なかなかヘビーな出来事ですね。

これは怒りたくなります!

 

世間の反応は?

世間の反応はどうだったか?

ツイッターから探ってみたいと思います。

※「M山」というのは山本さほさんが漫画に書いていた担当のお名前です。

当然、世田谷区役所への批難はとどまるところを知らず。

ニュース番組「ひるおび」などでも報道されてます。

若干批判は過熱気味で

担当者の名前を特定しようとする動きすらあります。

 

腹が立つのはわかるし、対応は改めてもらいたいですが

ちょっと名前の特定はやりすぎかな・・・

 

 

トラブル、その後

ツイッターの拡散により、大きく取り扱われることになったこの件ですが、時系列でまとめます。

 

10月1日 

トラブル発生

10月2日 

山本さほさん漫画をツイッターに投稿→拡散される

10月3日 

保坂展人世田谷区長は3日、自身のTwitterで謝罪。一連の対応を認める。

「 担当課長が漫画家の山本さほさんに連絡をさしあげ、本日中にお会いして、直接お詫びをさせていただくとのことです。さらに、なぜこのような誤った対応をしてしまったのかを調べると共に、同様のことを繰り返すことのないよう厳正に指導いたします」

引用:ハフポスト日本版

 

世田谷区議会議員上川あやさんが動き出す。

 

10月4日

世田谷区役所への批判が加熱しすぎたことに

スマイリーキクチさんが以下のようにツイート。

 

一連の出来事を区役所側が認め

山本さほさんに謝罪されてよかったと、率直に思います。

ただ、スマイリーキクチさんがおっしゃるように

ちょっと加熱しすぎですな。

 

トラブルの原因は?

今回の対応の原因は何だったのでしょうか?

 

現在、世田谷区役所が究明中ではありますが

興味深いツイートがあったのでご紹介したいと思います。

なるほど、担当の資質の問題だけではない

ということですね。

実際担当者が、どのように上司から指示をされていたか

どの程度担当が関わっていたか。

縦割りになりやすい役所では

全体の状況がわからないまま役割を担うことも有り

それ故の誤解もあったのかもしれません。

会場の予約がダブルブッキングしている時点で

役所内のリレーションがうまくいってると思えませんしね。

 

まとめ

世田谷区役所で起こった

トラブルについてまとめてみました。

本当にお気の毒な目に合われたとは思うのですが

それを漫画にして公表した、山本さほさん。

ガッツがあるな~と思うと同時に

弱者がこうやって声を挙げられるいい時代になったな~と感じました。

それがきっかけで

よりよい世田谷区役所になってもらえるといいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です