中学聖日記の感想は、ありえない・イライラ・気持ち悪い。理由は?

10月から始まったドラマ「中学聖日記」。

かわかみじゅんこさん原作の人気漫画を実写化したものです。

このドラマは、良くも悪くも反響が大きく・・・

ありえない!」「イライラする!」「気持ち悪い!」という感想が多いのです。

実際にみている私も、この感想の意味は正直わかります・・・(-_-;)

 

今回の記事では「ありえない!」「イライラする!」「気持ち悪い!」と

感想をもたれる理由はなんなのか? 調べてみました。

 

 

中学聖日記の簡単あらすじ

ドラマの内容を知らない人のために載せました。知っている人は飛ばしてください!

末永聖(有村架純)は担任を務め、国語を教える。念願の教師になり、頑張ろうとするが真面目さ故の空回りで、学校で生徒からからかわれることも。

遠距離恋愛中の恋人勝太郎と婚約をしたが、お互い仕事が忙しく、会えない日々が続く。

担当クラスの生徒、黒岩晶(岡田健史)の言動に振り回されながらも向かい合おうとしていたある日、黒岩から「好きになっちゃいました。」と告白を受ける。

黒岩の思いに少しずつ心が揺れる、末永。果たして結末は?

というもの。

教師と生徒の、禁断の愛を描いたものですね!

 

禁断の愛を描いた作品は多くあります。

例えば、松嶋菜々子と滝沢秀明が主演の「魔女の条件」。女性教師と男子生徒の禁断の愛が描かれています。平均視聴率21.5%。最終回は30%近くの高視聴率でした。

真田広之と桜井幸子が主演の「高校教師」。男性教師と女子生徒の禁断の愛です。平均視聴率は21.9%、最高視聴率33%とこちらも高視聴率。

一方、中学聖日記は6.2%(10月23日放送分)。

この差は一体何でしょうか?

 

おそらく「ありえない!」「イライラする!」「気持ち悪い!」と感想を持たれてしまうところに原因がありそうです。

 

視聴者が「ありえない・イライラする・気持ち悪い」と感想を持つ理由

大きく分けて3つの理由があることがわかりました。

ドラマの設定がありえない!

ドラマの設定自体に、無理があるようです。

以下ツイートを一部探ってみました。

やはり、ありえないの理由として

中学生と教師の恋愛である点。

ここに集約されると思われます。

 

中学生と教師の恋愛は、純愛というより犯罪

実際に、小出恵介、元TOKIOの山口達也が未成年者との関係が大きく話題になりましたよね。

それを彷彿とさせます。

 

また、こんな意見もありました。

確かに、中学生を持つ親としてはありえないですね(-_-;)

我が子が教師と相思相愛とか、考えたくない展開だと思います。

 

末永聖(有村架純)にイライラする。

教師の末永聖(有村架純)役にイライラする人が多いよう。

以下、ツイートを探ってみました。

どうも末永聖(有村架純)が隙だらけで、イライラさせてしまうようです。

口では黒岩晶(岡田健史)に「好意を寄せられて迷惑だ!」と言いながら、実際の行動がそう言ってない。

「黒岩くんキレイな顔しているよね・・・」と言ったり

「怪我をした黒岩晶を家にあげて手当をする」などなど。

相手が自分に気があるとわかっていながら、家にあげるなんて・・・しかも、教師と生徒!

確かにモヤモヤします。

 

他にも・・・

電車で帰る黒岩晶(岡田健史)が、見送りに来た末永聖(有村架純)を、電車に引っ張り込んだシーンですね。

次の駅で降りればいいのに、終点まで付き合う末永聖。

しかも、席となり。二人の手はあたってます。わかってて手をよけない末永聖。

おいおい、黒岩晶の気持ちが迷惑なんじゃないんかい!

と、モヤモヤ、イライラしている人多数。

 

黒岩晶(岡田健史)が気持ち悪い?

岡田健史くんが中3に見えないことによる違和感があるようで・・・

以下、ツイートを探ってみました。

原作の漫画では、か細い幼さの残る男の子のようですが、ドラマでは岡田健史くん。

実年齢は19歳なので、まぁ無理はありますよね(笑)

 

思春期の男の子が純粋に先生を思うというよりは

成人男性がただ女性に迫っているように見えるみたいです。

かといって、鈴木福くんじゃあなぁ・・・(笑)

 

まとめ

中学聖日記は「ありえない!」「イライラする!」「気持ち悪い!」と感想を持たれる理由を調べてみました。

面白かったのは以下のツイート↓↓

このツイートのように「イライラするけど、気持ち悪いけど、でも見ちゃう!」

と言った意見が一定数見られたこと。

なんだかんだ言いながら好きなんじゃん(笑)

 

中学聖日記は、良くも悪くも感情が揺さぶられるドラマのようですね。

注目を浴びているという意味では、ある意味成功かもしれません。

 

これからの、有村架純さんと岡田健史さんの展開を見守りましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です