大河ドラマ【いだてん】は面白くなさそう・つまらなそう!理由は?

2019年大河ドラマ「いだてん」がスタートしました。

2020年の東京オリンピックに向けて「いだてん」が作られたのは明らか。

さらに東京オリンピックに向けて日本中が盛り上がりそう~

と思いきや、早くも「面白くなさそう」「つまらない」と言った意見が!

なぜそう言われるのか?理由を探ります!

「いだてん」は面白くなさそう?つまらなそう?

これはドラマが始まる前の意見。

始まらないうちから「面白くなさそう」「つまらなそう」と言った意見が(゚∀゚)!!

まずは「いだてん」の内容を確認してみましょう。

「いだてん」のあらすじ

脚本は「あまちゃん」で有名な宮藤官九郎さん。

主演は中村勘九郎さんと阿部サダヲさん。なんとダブルキャスト!

日本で初めてオリンピックに参加した「金栗四三」役の中村勘九郎さん

日本にオリンピックを招致した「田畑政治」役の阿部サダヲさん

二人がリレー形式で主人公が交代します!

新しいパターンですね。

 

日本のオリンピックは、たった2人の選手から始まった。
まだ“スポーツ”の言葉もない時代、1912年に初参加した「ストックホルム大会」で、1人は“外国人恐怖症”、もう1人は“日射病で失神”し、大惨敗。

だが、そこから持ち前の根性で“スポーツ”を猛勉強。

1936年の「ベルリン大会」では、水泳の前畑をはじめ金メダルを量産。
一躍スポーツ大国に成長すると、オリンピックの自国開催を夢見る。

だが、時代は太平洋戦争へと突入、夢は幻と消えてしまう。
敗戦。蛙(かえる)と芋で飢えをしのぎ、執念の競技再開。
遂には、1964年、「東京オリンピック」実現にこぎつける。

その間52年。戦争、復興、そして…平和への祈り。
オリンピックの歴史には、知られざる、日本人の“泣き笑い”の記憶が刻まれている。

引用:NHKオンライントップ

いろいろとすったもんだがありながら

1964年に東京オリンピックが開催されるまでの52年を描かれた作品。

脚本が宮藤官九郎!ワクワクしそうな内容ですが・・・

なぜ「面白くなさそう」「つまらなそう」と言われてしまうのでしょうか?

「面白くなさそう」「つまらなそう」と言われる理由。

理由①時代設定

21世紀の大河ドラマ視聴率ランキングです。

1位:『篤姫』江戸時代

2位:『利家とまつ・加賀百万石物語』戦国時代

3位:『天地人』戦国時代

4位:『功名が辻』戦国時代

5位:『義経』平安→鎌倉時代

6位:『風林火山』戦国時代 

6位:『龍馬伝』江戸時代幕末

引用:シアター

こうやって見てみると、大河ドラマで視聴率が高いのは「戦国時代」。

戦国時代」「幕末」は歴史好きに人気がある時代ですよね?

大河ドラマではちょんまげの時代が見たい!

という人が、多いのではないでしょうか。

現代史はあまり扱わないジャンルですし、どちらかと言えば朝ドラの専門分野です。

大河ドラマで現代史

チャレンジであり、大きな賭けと言えます。

現代史に魅力を感じて「いだてん」を見ようと思う人は少ないかもしれません。

理由②主人公のキャスティング

中村勘九郎さんは歌舞伎役者です。

CM・テレビドラマ・映画への出演も多くありますが

中村勘九郎さんを見たくて

いだてん」見るという人がどれだけいるか、微妙なところですね。

 

また、阿部サダヲさんも有名な俳優ではありますが

近年ヒット作がない」と言われています。

お二人とも演技力は高く、しっかり演じ切られるのでしょうが

どうも主人公に「」が感じられない。

若者はあまり見ないかもしれませんね。

まとめ

2019年NHK大河ドラマ「いだてん」が

面白くなさそう」「つまらなそう」と言われる理由を探りました。

実際見てみないとわからないところはありますが

ドラマの予告や設定で見るかどうか決める人も多いと思います。

できればいい意味で裏切ってほしいなぁと思います。

とりあえず、わたくしも見てみようかな~★

 

こちらの記事もオススメです!

いだてんのロゴが「気持ち悪い・怖い・~に似てる」と話題!感想まとめ!

ビートたけしが【いだてん】ナレーション!滑舌悪い?評判は?

大河ドラマ【いだてん】おもしろい!面白くない!賛否の理由は?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です