ブルゾンちえみが島根大学中退のきっかけとなった事件!?とは何か、調べてみました。

 

こんにちは、イカです。

今回の記事はブルゾンちえみさんについて。

島根大学を中退したというのは有名な話ですが

それにはある事件?がきっかけだったようで・・・

今回は、ブルゾンちえみさんの大学時代と

中退した理由に迫りたいと思います。

 

ブルゾンちえみは島根大学

小学校の先生だった父親の影響で「先生になろう」と思い

2009年、島根大学の教育学部に入学しました。

 

ただ、島根大学が第一志望ではなかったよう。

『第一志望の大学に合格していたら、地元岡山を出ることはなかったと思います』

と言っていることから

おそらく岡山大学志望だったと推測されます。

 

学生当時のブルゾンちえみさんの写真。

かなり、スレンダーですね!!!

 

陸上を頑張っていた高校時代とは違い

大学ではラグビー部のマネージャーを始める。

しかし、自分は支える方ではなく

プレイヤーだと思ったブルゾンさんは、陸上部に転部

 

一方で、アルバイトも頑張ってました。

バイト先は、松江駅の駅前にある焼肉屋さん

当時ブルゾンちえみは

まかないの焼肉丼をバカ食いしていたそうです(笑)

 

第一志望の大学に入れなかったとはいえ

それはよく聞く話ですよね。

バイトに部活に楽しそうな大学生活だったと感じられます。

 

いろいろ悩んだ大学時代

大学二年くらいから、進路について真剣に悩み始めます。

真剣に教師を目指す友人を見るうちに

教師とはそういう人がなるべきで

中途半端な気持ちで教師を目指していた自分が、許せなくなってきた。

と語っています。

100%なりたいものを探したいなと、考え、悩む、悩む、悩む。

 

悩みすぎた結果

体重が1年間で40キロから70キロに!(*_*)

悩んだストレスを、食べることで解消していたんですね。

気持ちはわかりますが、1年で30キロとはなかなかです。

 

影響はバイトにも及びます。

時々失踪し、心配したバイト先の店長がアパートに行くことも!

しばらくすると、「病んでいるので実家にいます」というメールが来る。

 

友人の真剣な姿勢に影響を受け

自分も情熱を燃やせる何かを見つけたいと思った

ということですね。

青春ですね~!青春感が半端ないです。

 

そんな悩みまくっていた最中、事件!?は起こります。

 

島根大学中退のきっかけとなった事件とは

それは「ダウンタウンDX」(日テレ系)の番組で語られました。

一体何が起こったかというと・・・

 

飼っていたハムスターの死。

「その時は真剣で、(ハムスターを)死なせてしまって、『ああもうこれは(大学を)辞め時だ』って」

引用:モデルプレス

とショックのあまり大学を辞めたそうです。

 

松本人志さんが

「ハムスターが死んでなければ教員になってた?」と尋ねると

「なってましたね…」と即答。

引用:モデルプレス

ハムスターの死が

どれほど大きい出来事だったかがわかります。

 

ハムスターが死んだくらいで・・・

と思われるかもしれませんが、そんな事ないんですよ。

私も以前飼っていましたが

自分しか頼ることの出来ない小さな小さな生き物が

目の前で死んでいくのはかなり堪えます(T_T)

罪悪感が半端ないです(T_T)

きっかけに十分値すると思われます。

 

大学を中退し、岡山へ戻ってからの活躍は

もう皆さんご存知のとおりですね!

一発屋として終わることなく

一世を風靡した後も、ご活躍なさっています。

 

まとめ

こうやってみてみると

ハムスターの死が、芸人のきっかけと言えますね。

そして悩んでふくよかになった体が、ネタに生かされてます。

人生、何がプラスになるかわかりません。

これからも、第一線でご活躍されることを期待してます!

 

島根大学中退のきっかけとなった事件について

以上でした!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です