戦慄かなのの生い立ち。幼少期・中学エピソードが壮絶すぎる!

少年院を出た美少女で有名な戦慄かなの

またアウトデラックス(11月22日木曜日放送分)に出演することになりました。

今回の記事では、戦慄かなのさんの生い立ちを調査!

戦慄さんの幼少期・中学の壮絶エピソードを調べてみました。

戦慄かなの簡単プロフィール

  • 名前 戦慄 かなの(せんりつ かなの)
  • 生年月日 1998年9月8日(20歳)
  • 出身地 大阪府
  • 身長  154 cm
  • 座右の銘 人生はサバイバル

現在は、アイドルグループ「ZOC」として活動中。

座右の銘は「サバイバル」。その意味がとても良くわかる幼少期を見てみましょう!

戦慄かなのの生い立ちを調査。幼少期は?

戦慄かなのさんの生い立ちは壮絶です。ヘビーです。

ということで、ヘビーエピソードを見てみましょう。

幼少期のヘビーエピソード①

戦慄かなのさんのご両親は、戦慄さんが幼い時に離婚。

離婚理由は、おそらくDV(家庭内暴力)。

お父さんの激しい暴力に悩まされのか?と思いきや

なんとお母さんがお父さんに激しい暴力をふるっていたそう!!

お父さんはいつも血まみれ。父は壊れた家具を直す、そんな後ろ姿を見て育つ。

 

いきなり衝撃です!!

家庭内暴力だけでも衝撃なのに、父親の血まみれ姿。

いきなり辛すぎますね(T_T) そりゃお父さん、別れますよ。

幼少期のヘビーエピソード②

両親の離婚後は戦慄さん、妹、お母さんの3人ぐらし。

朝仕事に行き、夜は男の人と遊んで帰ってこない母。

家に帰ってきたと思ったら暴力を振るう。

父親がいなくなり、標的になったのは戦慄さんと妹でした。

その暴力はかなり激しかったようで・・・

電子レンジを投げられて左手の薬指を骨折。

叩くための道具があり、それで日課のように叩かれてミミズ腫れになる。人目につくような所ではなく、お尻など見えないところを叩いたそう。

外出中も、何かあればトイレに連れ込んで殴る蹴る。

 

また、お母さんは子どもの行動に厳しく、門限・規則でがんじがらめ。

守れなければ暴力。気に障ることがあると、すぐに暴力を振るっていたそうです。

親に従うしかない幼少期に辛いですね・・・(T_T)

幼少期のヘビーエピソード③

離婚前はお父さんが家事をしていたので、食事には困らなかったそう。

ただ、離婚後がひどかった。

料理はあまり熱心ではなかったようで、冬場は毎日鍋。

同じ鍋に具材を継ぎ足し継ぎ足し、約1ヶ月同じ鍋。腐っていた具もあったようです。

当然、食べたいものを言える状況ではありませんでした。

腐った鍋に絶句(*_*)

 

夏も鍋・・・ってことはなく、お金だけ置いて出かけるそう。

子どもなので、当然栄養は考えれません。食べたいものを買いますよね。

コーラやグミといったお菓子を中心に食べた結果、栄養失調で倒れることが多々あったようです。

幼少期のヘビーエピソード④

なんとお母さんが、1週間家に帰って来なかった事があったそう。

3日目までは、家にあるものと置いてあったお金で食いつないでいたそうですが

4日目からはお金もない。冷蔵庫もカラ。

困った戦慄さんは、水道水でしのいたそうです・・・(T_T)(T_T)

 

母親は彼氏とニューヨークへ行っていたそう。

これもひどい!戦慄さんは怒ってもいいところですが

母の不在が心配で、帰ってきたときには安心感から泣いて出迎えたそうです。

子どもって健気・・・(T_T)

幼少期のヘビーエピソード⑤

まだあるのか?ヘビーエピソード!!

ほぼ母親と顔を合わすことがなかった戦慄さんは

お風呂に入る」「歯を磨く」「着替える」といった生活の基本を学べず

小4まで、不衛生な状態で学校に行っていました。

当然、いじめのターゲットになりますよね。いじめは中学3年生まで続いたそうです。

逃げ場がなさすぎる・・・(T_T)

幼少期のヘビーエピソード⑥

こんな状況ならまわりの大人が気がついても良さそうですが・・・

残念ながら気がつく人はいませんでした。

生活自体はひもじいが、貧乏ではなかった」そうで

目につくようなわかりやすいSOSを発信することが出来ませんでした。

また、小学校5~6年生のころ、虐待について先生に相談するも伝わらず。

お尻に出来たミミズ腫れを見せることも出来ず、ホットラインに連絡も出来ず(電話がない)。

結局虐待が発覚することはありませんでした。

学校の先生、なんで対応してくれないの~!!!(T_T)

数々の幼少期ヘビーエピソードの結果・・・

小学校4年生の時に、お母さんが帰ってこない不安感が原因で気絶。

それから、不安なことがあると倒れるようになったそう。

診断名は、自律神経失調症パニック障害

そりゃ心が悲鳴をあげますよ。致し方ないです。

ちなみに、いまだに治っていないそうですよ。幼少期の経験は人生に影響が大きですね。

戦慄かなのの中学エピソード

なんと、中2の時に美術室から飛び降り!自殺を図りました。

きっかけは美術の授業中。

なんと、同級生に膝を彫刻刀で刺されたそう。もちろんわざとです。

刺さっちゃった。ごめーん」ぐらいの軽い対応される。

幸い深い傷ではなかったようですが、心には深く刺さりました。

ああ、もう無理だ……」と感じたそう。

授業が終わり挨拶を済ませた後、そのまま美術室に一人残る。

そして、窓から飛び降り自殺をしました。

小学生の時からいじめ続けられたわけですから、心情察してあまりあります。

 

その後、救急車で搬送されました。

これまた奇跡的に、怪我は左手と右足が骨折。よく命が無事でしたね。

当然入院することになるのですが、退院した次の日から登校。

その理由を次のように語っています。

いじめていたやつが私がいなくて楽しそうにしているのがシャクで。その面を毎日拝んでやろうぐらいに思っていたんで。

メンタルはちょっと強かったかもしれないです。でもそれで、いじめも落ち着いたかな?

「あいつを追い込むとヤバいぞ」っていう感じはちょっと出たんですかね。

引用:miyearnZZ Labo

メンタル強すぎです。自殺までしようとしたのに、よく学校に行けましたね。

家庭も学校も安らぐところがない中で、よくぞ生き延びたと尊敬ですよ。

まとめ

今回の記事では、戦慄かなのさんの生い立ちを調査。

戦慄さんの幼少期・中学の壮絶すぎるエピソードを見てきました。

すごすぎて、もう何も言えませんね。

ぜひ戦慄かなのさんにはこれから幸せになってもらいたい。

ご活躍を期待しています。

 

コチラの記事もオススメです!

戦慄かなの、目の二重は整形?かわいいすっぴん・ほくろ画像も!

戦慄かなのは頭がいい!有名大学に進学。少年院で資格の数々を!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です