高地優吾は歌とダンスが下手って本当?デビュー当時の黒歴史が話題に!

SixTONESの高地優吾さんに「歌とダンスが下手疑惑」が浮上!

ジャニーズと言えば、歌って踊ってなんぼでしょ!の世界だと思いますが

本当にそんな事があるのでしょうか?

今回の記事では、高地優吾さんの歌とダンスが下手疑惑の真相と

その理由を調べてみました。

高地優吾は歌とダンスが下手って本当?

高地優吾さんに浮上した「歌とダンスが下手疑惑」は本当なのでしょうか?

まずツイッターの意見を見てみました。

おぉ・・・これは本当に下手なのかもしれない。

辛辣なご意見ですが、複数の書き込みが見られたので信憑性は高そう。

 

ヤフー知恵袋でも「高地優吾はダンスが下手なのでは?」といった質問が複数。

振付師さんに「お前大丈夫か?」と心配されたこともあるそう。

高地さん自身が、歌とダンスに苦手意識があるようですね。

つまり「歌とダンスが下手疑惑」は事実の模様です。

高地優吾は歌とダンスがなぜ下手なのか?

ジャニーズで歌とダンスが下手なんて

もしかして爆発的にセンスがないのか・・・??

なんて思ってしまいましたが、どうも違うらしい。

理由は、ジャニーズに入所した経緯とその後にあります。

高地さんは、もともと芸能界を目指していたわけではありません。

幼稚園からサッカーを始め、中学三年まで継続。

高校でもサッカー部に入ろうとしていたのですが

友人が勝手に申し込んだオーディションに合格しジャニーズに入所します。

さらに、入所して1ヶ月で「中山優馬 w/B.I.Shadow」「NYC boys」というユニットを組むことになったのです!

 

つまり、今までサッカーばかりやってきた素人が

いきなりアイドルユニットを組んで、中山優馬、中島健人、山田涼介達と肩を並べるわけですよ。

そりゃいろいろ目に付きますよね。

通常はJr(ジュニア)として下積みをしてデビューします。

(Jrの期間は2年から7年ぐらいですが、長い人だと13年を越えるケースも!)

高地優吾さんは、その下積みが一切ない状態でいきなりデビュー。

歌もダンスもままならなかったのは想像が付きます。

単純に、ジャニーズなのに歌やダンスが下手だと批判されますよね。

 

また、下積みがほぼない状態でデビューとなると、Jr(ジュニア)を応援しているファン達からすると面白くないでしょうし、その気持は分かります。

それが故に、歌やダンスに対して厳しくコメントされやすかった面はあるかも。

シンデレラボーイとか言われてますが、大変だったのではないでしょうか?

最近は歌やダンスが上手になった?

こんなコメントが増えてきましたよ。

誰もが認めるくらいの努力家らしいので、その成果がでてきたのかも!

デビュー当時と比べて、歌もダンスも別人のように上手くなっているそうですよ。

 

今もダンスは苦手なようですが、苦手なダンスに一生懸命向きあっているところも

また魅力なのでしょう。

 

高地さんのダンス画像をまとめた動画ですね。

おぉ~ジャニーズって感じですよ!ちょっとテンポが遅れてるような気もする(^_^;)

まとめ

高地優吾さんの「歌とダンスが下手疑惑」真相とその理由を調べてみました。

いろいろ事情はあったようですが、今ではSixTONESの中心メンバーになっています。

叩かれても批判されても、逃げずに向かい合うメンタルが素晴らしい!

これからも高地優吾さんのダンスと歌に注目ですね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です