本庶佑教授、記者に放った痛烈な一言が話題に!

 

10月1日、ノーベル賞をされた本庶佑教授。

かなりのビックニュースでしたが

続報(?)です!!

新たなニュース?が入ってきました。

記者放った一言話題になってます。

 

どうも不勉強の記者に、痛烈な一言を放ったらしい・・・

内容をまとめました。

 

記者に放った一言とは?

実際に記者会見を聞いたわけではないので

ツイッター等から情報を拾い集めてみました。

 

「東海三県で一番好きな県は?(または特産品?)」質問に対し

「幼稚園レベルの質問」

 

全国ネットTVから「若者にメッセージ」と何度も聞かれ

「同じことばっかり質問して、何が聞きたいのかわらない。」

 

代替医療の免疫療法についてどう思う?みたいな質問に対して

「そういうのについて正しい情報を伝えるのはマスコミの役割でしょう」

 

他にも

「この中に、サイエンス専門記者なんていないでしょ?」

 

「そんなんで新聞記者務まるの?」

 

一言どころではありませんでした(^_^;)

ドラクエで言う会心の一撃の連打のような感じ・・・

一言一言が痛烈!!突き刺さる~!!

 

思っていてもなかなか言えないですよね。

バッシングとか恐いし。

それをスパッと言ってのける本庶佑教授が素敵。

 

 

みんなの反応

ツイッターから探ってみました。

 

 

 

 

なんと堀江貴文さんまで

どうも喝采が多いようです。

みなさん普段からマスコミに不満があるのでしょうか?

 

気持ちは正直わからなくもない。

ちょっと・・・いや、かなりスカッとしちゃったな~(*_*)

 

 

まとめ

本庶佑教授が記者に放った一言をまとめました。

本庶佑教授が仰ったことを

もし政治家やアイドルがやったら

恐ろしいことになっていたのではないかと思います。

 

本庶佑教授だったから、視聴者に真っ直ぐ伝わった気がする。

これも本庶佑教授の人間力だと思います。

以上、本庶佑教授、記者に放った痛烈な一言でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です