吉岡里帆は女性ウケや女性人気が低い!嫌われる理由はなぜ?

どん兵衛のCMがとても可愛らしい吉岡里帆さん。

あの「キツネ姿」にやられた男性は多いはず!

男性が吉岡里帆さんの虜になればなるほど?女性人気は下火になる。

女性からの「嫌い」「ウザイ」という評価を目にします。

この女性ウケの悪さはなぜでしょうか?理由をしらべてみました。

 

吉岡里帆の出演作を簡単に振り返る

吉岡里帆さんの代表作品を簡単に見てみましょう。

代表ドラマ

  • NHK連続テレビ小説 2015年『あさが来た』
  • 2017年1月~『カルテット
  • 2017年7月~『ごめん、愛してる
  • 2018年1月~『きみが心に棲みついた
  • 2018年7月~『健康で的な最低限度の生活

 

代表CM

どん兵衛 ZOZOTOWN、UR、ダイハツ「トコット」など多数

 

代表映画

『明烏』
『ハッピーウエディング』

代表作だけでこんなにあります。

特にCMは多く出演されていますね。吉岡さんの顔を見ない日はないかも。

吉岡里帆の女性ウケ、女性人気が低い理由

理由には何個かありそうなので、項目ごとに見てみましょう。

理由①ドラマの影響

2017年1月から放送されたドラマ「カルテット」。

どこでも居そうな女の子が(小)悪魔になる役。「怖い」と評判でした。

女性のあざとさを前面に出した(小)悪魔役がハマり、嫌いになった人がいるようです。

人生ちょろかった」とか言ってるし~( ゚Д゚)

吉岡さんのイメージにないキャラクターですね。

 

2018年1月から放送されたドラマ「きみが心に棲みついた

自分に自信がなく、いつもオドオドしていて挙動不審な主役公を演じました。

自信がないのはわかるが、そりゃないだろう・・・とイライラする視聴者が!

この役もある意味ハマりすぎて、吉岡さんが嫌いだと感じられたであろうドラマ。

吉岡さんのキャラクターと、役がはまったんですね。

これは、女優として演技が評価されてるとも言えますね。

理由②あざとい

あざといエピソード①

吉岡里帆さんと言えば『どん兵衛』のCM。

まっすぐに星野源さんを見つめる上目遣い

ほっぺを膨らませて拗ねる表情。これは恐らく100点。

たまらない男性が多いことは予想がつきます。

こういったことを「役ではなく、日常的に計算してやってんじゃねーの??

と、感じられているのだと思います。

 

あざといエピソード②

こちらも「あざとい」と言われまくった一枚。

2018年1月に「彼女とデートなう。に使っていいよ」とインスタにアップされた画像です。

これも男性的に100点!つまり女性的にあざとさを感じさせます。

ただ、このインスタが批判されたのは、他にも理由がありました。

2017年10月、吉岡さんはグラビアタレントを「消耗品」と表現し、「グラビアがいやだった」と発言。これも批判されています。

その後の「デートなう」の画像。

グラビアが嫌だと言って癖に、「デートなう」なんてアイドルの真似事??

と、また炎上(;^ω^)

実際の発言は違うところに真意がありそうですが、まぁまっすぐ伝わりにくい内容ですよね・・・。

 

あざといエピソード③

こちらの「ごまかしキッス動画」は、男性から「可愛すぎる!」と大評判!!

一方で

「あざとい 自分が可愛いって自覚してる」
「カワイイと言うより、イラッとする」

と言った声が上がりました。

これはまた敵を作りそうな画像。

何か間違えた時に「ごまかしキッスをしよう」とは思わないですね・・・。

そう思うと、あざといと言われるのは致し方ないのかも。

 

他にも、吉岡さんが売れない時代に苦労した話をすると「苦労しましたアピール??

テレビで素人に優しく接すると「優しいアピール??

と、すべてがあざといアピールに感じられる。

もうこうなったら、何をやってもな感じですね・・・(;^ω^)

理由③見た目

見た目の可愛いらしさが「女性の嫉妬の対象になる」と言われますが

新垣結衣さんや北川景子さんは嫉妬されませんよね?

それってなんでだろう・・・と思っていたら、面白い記事を発見しました。

以下引用です。

そもそも、女性というのは憧れる対象の同性には嫉妬や嫌悪感を持ったりしない。たとえ彼氏を取られたとしても、尊敬レベルで魅力的な相手には「そりゃそうですよね」と感じるわけで、たとえば沢尻エリカ・黒木メイサあたりがそれに該当するのだろう

吉岡の場合、美人は美人だが「憧れるほどでもない」と思わせる雰囲気がある。沢尻レベルのビジュアル偏差値はないが、その足りない部分をしぐさやテクニックで補おうとする計算が垣間見られ、それが結果として、あざとくて「ずるいやり口だ」と反感を買うのだろう。

引用:キャリコネニュース

これは、かなり納得してしまいました。

なるほど。あこがれの人物は、嫉妬の対象になりませんよね。

吉岡さんの親近感のあるところが、理由といえるでしょう。

まとめ

「嫌い」「ウザイ」といった女性ウケの悪さ

女性人気の低さはなぜか?理由をしらべてみました。

今回は女性に嫌われている理由を中心に書きましたが

もちろん支持をする女性もいます。

これからどんな風に、変化されるのか楽しみですね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です