松浦景子はバレエが得意!吉本新喜劇の入団理由は父親?

吉本新喜劇にいる可愛らしい芸人、松浦景子さん。

バレエが得意で、ネタにはバレエを生かしたものが多いです。

今回の記事では、松浦景子さんの得意なバレエと

吉本新喜劇への入団理由と父親について調べてみました。

松浦景子の簡単プロフィール

  • 名前 松浦景子(まつうらけいこ)
  • 生年月日 1994年04月20日(24歳)
  • 出身地 兵庫県伊丹市
  • 身長 152cm 
  • 血液型 B型

モデルか?新人女優か?というくらい可愛い。

松浦景子さんはバレエが特技。

松浦景子さんがクラシックバレエを習い始めたのは、3歳の時。

全国バレエコンクールでの優勝経験もあるので、趣味程度のものではありませんよ!

しかも、優勝したのは新喜劇に入団して1年目!

稽古の合間に練習し、出場したそう。

これは、かなりの努力家ですね~(*_*)

そして優勝しているので、本当にすごいです!!

 

松浦さんのバレエ動画をのせてます↓

お笑いではなく、バレリーナとしてやっていけたんじゃないの?

というクオリティですね。

では、こんなに技術がありながら、なぜ吉本新喜劇に入団したのでしょうか?

松浦景子が吉本新喜劇に入団した理由は?きっかけは父親?

松浦さんの家族は、お笑いが大好き。

毎日チャップリン、週1回「baseよしもと」を見ていたようです。

その頃から、お笑いをいつかやりたいなぁ~と思っていたそう。

 

松浦さんはもともとバレエでやっていく気はなかったようです。

というのも、プロバレリーナになるも宝塚に入るのも、身長が必要

(宝塚の場合、身長制限があるわけではないが、身長が低いと合格しにくい)

松浦さんは152cm。小柄なので、不利になりそうですね。

 

周りのお友達は、宝塚に入ったり、バレリーナとして海外に行くことに。

松浦さんは思い切ってお笑いの道に行くか、就職するか?と悩んでいたそう。

 

結局大阪芸術大学芸術学部へ進学をしたのですが、最終的に進路が決定したきっかけは、お父さんでした。

お父さんが病気になってしまったんです。

あんなにお笑いが好きだった父親が「お笑いはもういい」と。病気になり、笑えるような心境ではなかったのですね。

 

しかし松浦さんは、お父さんに見てほしい。お笑いを見て元気になってほしい!!

毎週新喜劇を録画して、持っていったそうです。

 

なかなか笑ってくれなかったお父さんが、ある日笑ってくれて

こんな状況の人を笑わせられるなんて、新喜劇ってすごいなぁ~と感じだそう。

残念ながらお父さんは亡くなってしまったのですが、そのタイミングで新喜劇のオーディションがありました。

運命を感じた、松浦さんは海外バレエ団からのオファーを蹴って←!!

新喜劇のオーディションを受けます。

そのオーディションが大変なことになります・・・(;^_^A

松浦景子のオーディションがひどかった。

なんと、オーディションで声が出せない。

お芝居審査でセリフが覚えられない。いきなり大ピンチ!!

たまたまセリフの少ない役に当たり、ピンチをしのぐものの

もうちょっとちゃんとやって下さい」とダメ出しをされる始末。

 

小藪さんに「面白い話ありますか?」と聞かれ

ありません」と即答。空気が凍り付いたそうです。

小藪さんに「終わってますね」と言われ、終了。

 

最終面接でも大遅刻。面接も、即終了

これ、就職面接なら絶対落ちてるやつです。

 

なのに、なぜか合格のお電話がありました。

遅刻する度胸?が評価されたのでしょうか??

とにもかくにも、よかったですね!

まとめ

今回の記事では、松浦景子さんのバレエと

吉本新喜劇への入団理由が父親だったことについて調べてみました。

最近のお笑いは幅がありますね。

可愛くてバレエができるお笑い芸人という事で、有名になりつつあります。

お父さんのためにもさらに芸を磨いてもらいたいですね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です